防犯カメラ設置事例:工場・倉庫

食品工場 神奈川県相模原市
体温チェッカーでインフルエンザ感染対策

食品工場の従業員出入口に体温チェッカーとマイクロピンホールカメラを取り付けました。
設定体温以上の従業員の出入りを検知し警告することで、インフルエンザなどの集団感染を防ぎます。

お客様のご要望
インフルエンザなどが社内で感染した場合、従業員が一度に休むことになり工場の稼働に影響するため、感染の恐れがある従業員の出入りをあらかじめ防止して、集団感染を防ぎたい。

Suggestions

ご提案1. 設定体温以上の人を検知!

出勤時、工場内に入る前に体温チェッカーの前に立ち体温を測定します。設定温度以上の人を検知するとアラームを発報します。アラーム信号により、警報を発報する、ゲートバーを閉じる、入室解除しないなどの制御が可能です。

ご提案2. マイクロピンホールカメラで測定者を記録

なりすまし体温測定の防止のため、体温チェッカーと一緒にマイクロピンホールカメラを設置しました。4センチ四方の小さなカメラで、測定者に威圧感を与えることなく撮影が可能です。

ご提案3. 壁掛けレコーダーで記録

撮影した記録をAHDウォルマウントレコーダーで記録します。壁掛けタイプのため省スペースで設置が可能です。

Data

神奈川県相模原市

工場・倉庫の防犯カメラ設置工事

 機器取付作業

 機器調整作業

・AHDウォルマウントレコーダー MD-404AB 1台
・AHDマイクロピンホールカメラ NSC-AHD920-F 1台
・カメラ用電源装置 TPS-60 1台

voice of customer

お客様の声:以前2拠点の工場にアナログカメラで同様のシステムを導入し、インフルエンザ感染の効果があったため、3拠点目も同じ仕様で希望しました。カメラの画素数が210万画素に上がったということで、以前よりもずっとくっきりと検温の様子を撮影することができています。集団感染は、食品工場にとって大きな打撃なので、従業員の自己申告だけじゃなく体温で入室を防止することができるのは心強いです。

left

14 / 18

right

導入のポイント

防犯カメラ専門会社だからお伝えできる「導入のポイント」を設置場所別にご紹介しています。詳しくはこちら

設置費用

台数別の防犯カメラ・監視カメラの参考費用をご案内しています。詳しくはこちら

商品情報

ご要望に合わせた防犯カメラ機器をお選びいただけます。詳しくはこちら

mail